体験談

授乳で萎んだ胸を毎日の小さな努力で美しい胸にバストアップ。

私は出産、授乳と断乳を繰り返す度に萎んで小さくなる胸が悩みでした。

張りが無く萎んだ花のように下に垂れ下がった貧乳を隠すため襟が深めの服を着たり、パッドの入ったブラジャーを着て隠していました。

半年前ママ友からバストアップは努力をすることでほぼ元に戻すことができると教えてもらいました。
しかし私は萎んで垂れ下がってしまったらどうしようもないし、諦めなければいけないと思っていました。
ですがママ友の奇麗に出来上がった谷間のある胸元を見て、半信半疑だった私は彼女を信じて教えてもらった簡単なバストアップのエクササイズとマッサージの方法、バストアップに必要な食事や睡眠についてを教えてもらい、実践しました。

彼女から教えてもらった簡単なエクササイズは2つの方法があり、1つめは両手を合掌するように合わせ肘を直角にし、胸の筋肉が使われるように力を入れて押します。
その手を右胸に10秒寄せ、左胸に同じように10秒押し続けます。
それを1日3セット程度行います。
2つめは壁に少し持たれるように両手をつけ、肘を伸ばします。
ゆっくり息を吐きながら肘を曲げ、同じように息をゆっくり吸いながら肘を伸ばしてこの方法を1日3セット程です。
これは胸を支える大胸筋を鍛え、胸を持ち上げる効果があります。

バストアップのマッサージですが、体が温まり血行が良くなる入浴後に行います。
まず片手で右側の背中の肉をかき集めるように右胸に集めていきます。左側も同じように行います。リンパがある鎖骨から胸に向かって手のひらで押すようにマッサージし栄養を送ります。
脇の下にもリンパがあるように詰まりを取るように胸に向かってマッサージします。
その後は右胸を上下に10秒程揺らします。
左側の胸も同じように行います。
胸を揺らす事で、大胸筋にくっついた胸を引き剥がし、伸びたクーパー靭帯を収縮させる効果があります。

忘れてはいけないのがナイトブラをつけて眠ることです。
人は約30回寝ている間に寝返りをうつのでその間胸は揺れ動き、形が崩れてしまいます。
ブラジャーはワイヤー入を必ず着けて胸を固定しましょう。

睡眠はバストアップにとても大切で忙しい現代人には難しいですが、女性ホルモンが活発になる「ゴールデンタイム」である夜の10時から2時の間はなるべく眠りましょう。
7時間は寝るのがベストです。
綺麗な肌を維持するにも効果があります。

食事ももちろんバストアップだけでなく、健康な体を維持するのに重要です。
胸の栄養に良い豆腐や卵等のタンパク質を多めに取り、ほうれん草や人参等ビタミンAも多めに食べます。

3ヶ月程この方法を続けた結果、カップサイズが1カップあがりました。すごく嬉しい成果です。更に続けてバストアップをもっと目指します。
気づいたことですが、バストアップすることは肌の改善にも繋がり、また健康にも気をつける生活になることだと思いました。
バストアップについて詳しく教えてくれたママ友に感謝です。